深まる秋の夜の星を見て想ふ君の中の芽生えを知って

こんばんは。

今日とても不思議な体験をしました。なんと言えば上手く伝わるのか、そんな必要もそもそも有りませんが、自分にとってこの先にまた有るかも分からないことなので,書き留めてみたいと思います。

 

時を遡ること多分30年くらい前。僕は一人で水曜夜のドラゴンボールZを見ていました。それはミスターサタンが魔神ブウに媚び入れて味方につけようとするエピソードだったと思います。太ったブウの中から痩せた悪いブウが出てきて、サタンとブウの可愛がっていた犬が前触れもなく殺される、みたいな場面がありました。

それは僕にとって、アニメの中とは言え決して初めての生殺与奪のシーンではなかったはずでした。しかしアニメを見終えた僕は突然、「死とそれに付随する喪失の恐怖」に襲われて大泣きしてしまいました.その時は母が,確か驚いてはいましたが,大丈夫だよと落ち着かせてくれたと記憶しています.理由は未だに自分でもわかりませんが,その時のことを今でも記憶しています.

 

そしてしばし時が経ちます.僕は昨年祖母を亡くしました.

台風直撃が重なってしまい,とりあえず息子だけ連れて葬儀と火葬に参列するために帰省しました.

もうすぐ4歳になるくらいの彼には,まだ死というイベントが理解できなかったと思います.それでも,僕に付き添ってくれ彼には心から感謝しています.

それから1年と少しが経ち,彼は「死ぬってどういうこと」かを純粋に疑問に思うようになりました.死生観教育については色んな意見があるとは思います.もうすぐ5歳になるくらいの彼にはまだ難しいとはわかっていますが,彼の精神的な成長に必要なことだとも思うので,過度に恐怖心は煽らない程度に,でも事実も濁さない程度に,これまでは聞かれたことには答えてきました.

 

今日も帰宅が遅めだったので彼はすっかり眠くなっていました.

夕飯を食べ,眠くて機嫌が悪くなりながらも,死について彼が疑問を投げかけてきました.

 

「ガイコツになったら死ぬの?」「死んだらガイコツになるんだよ」

「死んだら動けないの?」「動けないんだ」

「なんでガイコツになるの?」「お尻とかほっぺみたいにムチムチのところがなくなっちゃうんだ」 

「死んだら太陽になるの?」「お星様くらい遠いところに行くのかもね」

「おばあちゃんにはもう会えないの?」「おばあちゃんはまだ元気だよ.ひいおばあちゃんは少し前に死んじゃったんだ.とっても悲しかったんだよ.」

「Keetane(⚠️私です)ももうすぐ死ぬの?」「いや,当分そんな予定ないよ笑」

 

あんまり細かいところまでは覚えてません.話を終えて,食器を洗い,さぁ歯磨きをしようという時でした.

「Keetane,死んじゃ嫌だよ.太陽に行かないでよ.Keetaneが行くなら僕も行くから.」

そう言って彼は突然泣き崩れてしまいました.

さっきまでの彼に何があったのかを僕は全く知りませんが,彼の中で今,「死への理解の扉」が開き,喪失に対する恐怖に襲われる彼と過去の自分がオーバーラップしたのでした.

 

おそらく多くの子どもは命に対して純粋無知であるが故に残酷な面を持ち合わせたりしているかと思います.そして,誰がどうやって命について考えるきっかけを持つことになるかは,もちろん人それぞれだと思います.

 

青天の霹靂というやつですが.今日息子にも,そのイベントが訪れました.

きっかけやプロセスは違いましたが,明確なサインを発したことは僕と一緒でした.

自分も経験していなかったら見過ごしてしまったかもしれません.でも今日彼は確かに,命の尊さに触れたのです.

きっともの凄い衝撃だっただろうと思います.それでも今日のことを彼にも覚えていてほしいなと思いました.

 

最後に,サカナクションの朝の歌を一部引用させてもらいます.

 

あとどれくらい君と深く話せるだろう

消し忘れてたテレビの中には海

あとどれくらい君と深く話せるだろう

床に寝転び背泳ぎをしてた

ほら朝が海や空を食べてく

今 君がそれに気がつく

表と裏 隣り合ってた表と裏

 

君の父親として,あとどれくらい君と話せるだろう.

あとどれくらい君のことを理解してあげられるだろう.

全ては無理に違いない.

だけど,僕にしか理解してあげられないこともあるんだなと知った,そんな秋の夜でした.

Active Sundays @ETH

Grüezi wohl 

ETHの sports zentrumで今週末から Active Sundayという一般の子供向けの体育館開放を行ってます。

https://ethz.ch/en/campus/getting-to-know/discover/sport-and-leisure-asvz/activesundays.html

そんな訳で日曜にも関わらず Hönggerbergはファミリーでいっぱいです。珍しくFusion Coffeeも一階だけ開いてました。

https://ethz.ch/en/campus/getting-to-know/cafes-restaurants-shops/gastronomy/restaurants-and-cafeterias/hoenggerberg/fusion-coffee.html

肝心の体育館はというと、こんな感じです。

f:id:keetane:20191028124212j:image

いつも筋トレしかしてないので、実はフロアには初めて入りました。

いわゆる器械体操の器具でアスレチックを作ってあります。日本だったら危なくて開催させてもらえないだろうな…と。もちろん安全チェックはしてあると思いますが、入場時に何かしらの同意書類に署名を求められます。ドイツ語なので理解出来ませんでしたが、スタッフの学生さん曰く、危険な使い方をした場合の責任は取れないとかのことらしいです。

午前中は激しく混雑するらしく、行列が出来るそうですが、午後はそうでもありません。

そういえば一般向けのサイエンスイベントも別会場で開催されていたみたいです。日本の大学も大学祭でスライムばっかり作ってないで、本物の化学に触れさせては如何でしょうか?あ、これ次のネタにしよう。

 

This is posted from on the bed, coz I got a strong pull request in this really early morning. 

 

スイスと言えばのFREITAGデビューした話

Gueten Abig

日本では増税とキャッシュレスが話題ですか?

私はもともと現金持ってないのに飲みに行ったりするくらいキャッシュレス派ですが(汗,スイスや欧州ではプリペイドとか色んなキャッシュレス方法がほとんどなく,大体クレジットかデビットで決済出来ます.現金を使うのはラボのcoffee subscriptionとスーパーのカートを借りるのに使う2CHFコインがメインなくらいで,ETHにくるランチトラックや土曜の朝市ですら現金なくても何とかなります.

日本ではICOCAWAONと紙幣を栃木レザーの薄いお札入れに,小銭と鍵をABRASUSの小さい小銭入れに入れておけば,財布は家に忘れても大丈夫くらいの勢いでした.残念ながらApple Pay非対応のクレジットカードしか持ってないので,Zürichに移ってからは家計と個人のクレジットカード2枚と大学関係のカードの2枚でスペースが足りなくなりました.また,小さい小銭入れの欠点だと思うのですが,鍵を止めておくネジが案外外れやすく,紛失してしまってただの小銭入れになってしまいました(それでもコンパクトなので重宝はしてるのですが).そして,日本では問題ありませんでしたが,5CHFのコインが大きくて入らない問題が発覚しました.現金使わないから意外に鬱陶しい...家やらラボやらロッカーやらで鍵が増えたので,どの道こちらも別のキーホルダーに移行しました.

小物関係はミニマリスト志向なので,小さいふやらイルビゾンテやら前から目をつけてたのは多数あるのですが,こちらではそう簡単には手に入りません.Amazonもないので通販はかなり限られています.物価も,日本より安いものは果物くらいしかすぐには思いつかないくらい高くて苦痛なくらいです.スイスは日曜に店が開いていないので,貴重な土曜日をショッピングに費やしたくもありません.

というわけで,スイスではかなりメジャーなFREITAGの財布を買いました.FREITAGと言えば日本でも目にすることが増えた気がしますが,もともとはスイス発祥のトラックの幌をリサイクルしたカバンのメーカーです.Zürich中央駅から一駅のHurdbrückeからすぐのFlagship Storeがあります.前々から一つくらいカバンが欲しいなと思っていましたが,値段と案外重たいのを理由に尻込んでいました.財布やアクセサリーはそこまで気になりませんでした.使用済み品の加工品だと思うと,高価だと感じるかもしれませんが...

もともとSCHURICHというシンプルで薄めの財布に目を付けていたのですが,今回はカード5枚とコインの入るBRANDONというもっと小型のタイプにしました.紙幣は多くても5枚くらいしかないので,小さく折りたたんで仕舞えば十分です.

今回は多くの在庫品を見比べてわかったのですが,全てが一点物なだけあって個体差がでかい...布地の質感だけでなく,厚さにバラツキが大きくあります.ラッキーなことに薄い商品を見つけることが出来ました.カード5枚とコイン10枚,3枚折の紙幣5枚を入れて,ケース入りのiPhoneより少し厚いくらいです.

f:id:keetane:20191027050736j:plain大きさはカードケース大です.

f:id:keetane:20191027051411j:plain

裏面にカードを一枚収納できます.

f:id:keetane:20191027051457j:plain

蓋を開いてカードをまた一枚.

f:id:keetane:20191027051620j:plain

開けてすぐコインケースなので,持ち方には最初注意が必要かもしれません.

f:id:keetane:20191027051743j:plain

三つ折りなので,もう一段開くとカード収納がもう3枚分.

f:id:keetane:20191027052213j:plain

ミニマリスト系の財布でググっても日本ではあまり紹介されてないんじゃないかなと思います.値段も50CHF,残念ながら?日本の方がもう少し安い値段で買えます.それがわかると購買意欲が余計に削がれるんですが...

というわけで,スイスにちなんだ話でした.FREITAGはスイスでメジャーなメーカーなので,街や大学を歩いていると持っている人をかなり目にします.これで少しはスイスに馴染めるかな...

スイスの保険の話

Grüezi, 

スイスでは日本と同じく皆保険を採用しています。ただし、日本と違って民間の保険会社への強制加入です。この保険会社の契約内容に応じて受けられる医療が異なります。例えば、高額なプランなら行きたい病院に行って希望する治療を保障してくれますが、安いプランであれば近所のホームドクターを割り当てられて、まずはそこに行くことになります。支払いも多くの場合は自己負担が上限300CHF程度は発生するようです。上限額をオーバーした分を病院が保険会社に請求するそうです。

スイスに移住する場合、日本人なら入国から3ヶ月以内に保険に加入して市に届け出なければいけません。ただし、この強制加入保険を免除するオプションもあります。

日本とスイスは社会保障協定を結んでいるので、出国前に書類を入手しておけば、免除申請が可能です。みたいな話を以前にも少し書きました。

この申請を6月くらいにZürich市に申請していたのですが、やっと許可されたらしく、ひとまずAHV numberという保険番号を貰うことが出来ました。正確にいうとマイナンバーカードみたいなのがもらえるみたいですが、ひとまず番号だけ教えてもらえました。

申請開始からほぼ毎月、強制加入保険に入るように案内の通知が来ていたので、そのたびに電話してどうなってるのか聞き、4ヶ月目でこんな感じです。なんでこんなに遅いかって、担当部署が5人くらいしかいないからと言ってました…。

こちらに来てから色んな手続きを電話でやりとりしてきましたが、良くも悪くもお互い中学生レベルの英語でやり取り出来るので、英語に苦手意識のある方にはヨーロッパはオススメです。(英語が話せるようになるのかと言われると疑問ですが…。)

これから確認しなきゃいけないんですが、おそらく日本の健康保険でカバーされる分は、こちらで医療を受けても帰国後に3割負担としてお金が返ってくるのかなと思います。

ちなみに海外旅行保険で目にするキャッシュレス決済(?)に対応した病院が、少なくとも2019年10月現在でZürichにはありません。医療を受けた場合、帰国までの自己負担が大きいので、不安のある方は現地保険に加入することも検討した方がいいんだろうなと思います。私自身は会社が海外旅行保険に加入してくれてるので申請不要なのですが、万が一に備えてですね。車の運転は極力しないつもりなので、最大のリスクはスノボかな…。

学内に無人コンビニ現る

もう先月のことなんですが、ETHの学内にピンクのプレハブみたいなのが突然現れました。

f:id:keetane:20191010051248j:image

何かと思っていたら無人コンビニです。

avecというチェーンが試験展開を始めたそうです。

アプリにクレジットカードを登録して、店の前のQRコードを読み込むと入店出来ます。

f:id:keetane:20191010064603j:image

https://apps.apple.com/jp/app/avec/id1454000074?l=en

スイスは夜まで空いてる店がほぼ無いですし、最近夜な夜なラボ(とジム)に行き始めた僕にとってはちょっとした面白味の一つです。

ちなみに、同様にトライアルをしているとニュースになっていたAmazon無人館よりもかなりシンプルなシステムです。AIを駆使して〜とか、何台のカメラで〜とかはなく、アプリで商品をスキャンして登録したカードで支払いしておしまいです。退店時の確認がないので正直セキュリティ的に心配ですが、クレジットカード情報で追跡するのかなと思います。

日本のコンビニも深夜の人手確保が難しくなってるとか聞きましたが、スケールを小さくして試してみてもいいんじゃないかと思います。

 

Trelloの個人的な使い方

約一ヶ月くらい開いたことで,Hatenaから”そろそろ書けよ...”的なメールが来たので更新します.

こんばんわ.或る化みす途です.

今日は会社の同僚の方に教えてもらったTrelloというタスク管理ツールの紹介です.

もはや定番らしいので細かい紹介は思いっ切り割愛しますが,少なくともリアルに使ってる人は@yamasakitさんくらいしか知らないので,布教してみようかと思い立ちました.

結論から言うと,簡潔に残しておきたいものはTrello,容量大き目はEvernoteという具合で使い分けてます.さて,早速見ていきましょう.

巷ではチームで使うので,タスク進捗管理としてガントチャートを使ったりするらしいのですが,私は特に管理したりされたりしてないので,シンプルにASAPとas possibleの2項目です.

f:id:keetane:20191028134033p:plain



思いっ切り公私混同してるので生々しい内容には触れませんが,カードは左右上下自由に動かせるので,ASAPの上からなる早で捌き,ひたすらカードを減らしていきます.as possibleには,隙あらば進めたいカードを足していき,ASAPが減ってきた時にas possibleの中から選んで追加します.ボードと呼ばれるリスト置き場にひたすらリストとカードを追加出来るので,リスト自体は膨大にありますが,余計なものが目に入ると集中できないので,作業中はブラウザを半分にカットして見えなくしています.空いたもう半分のスペースは,最近ドイツ語にも対応して非常にお世話になっているみらい翻訳さんのWebページを常駐させています.

デフォルトではカラーラベルがカードの一部分にしか表示されませんが,これをインストしてるのでカード全体にラベルカラーされています.

期限付きのカードは,こちらを参考にしてiCalGoogleカレンダーでも購読出来るようにしています.ミーティングの時間設定とタスクがブッキングしないように,地味に必要な機能だったりします.

 

さて,他のボードも見ていきましょう.

まだ移行途中ですが,読書記録もTrelloに残すと便利だなと思いました.私は元々デジタルにキーワードだけ残す派なので,”如何に簡単に目に付くところに残して思い起こしやすくするか”が最も重要です.読書中に見つけたキーワードをそのまま残すのはもちろん,スマホなら図なども簡単にShareでTrelloに飛ばせます.ボードとリストを選んでカードコメント作るだけですね.

f:id:keetane:20190914060456p:plain

f:id:keetane:20190914060344p:plain

こんな感じで追加されていきます.内容の順番も特に気にしないので,自分にとって優先順位が高いものを上に持ってきちゃいます.f:id:keetane:20190914060402p:plain

 

他には,旅行の計画を立てたりでしょうか.

一番左には行きたいところのリストです.ソースから共有しておけば,なんで行きたくなったのか,どんな旅行がしたいのか,などを思い出しやすいと思います.

次に具体的な計画作成です.最初に置いたGeneralな情報リストに現地情報をひたすら集めます.あとでじっくり調べたいことなんかも置いておくといいと思います.

次にスケジュールプランニングです.リスト名は日程と,確定予算にしています.決めたいことをひたすらカードにリストアップし,決まったことはカラーラベルしておきます.はい,チケットしか取れてませんね.ルートやホテルの候補情報の写真やリンクも,日付ごとにリストした方が便利かなと思います.

私は旅行の計画を立てるのが苦手なので,次はこんな感じでやってみるつもりです.

f:id:keetane:20190914060935p:plain

 

こんな感じで,最近はなんでもかんでもTrelloに飛ばしてしまいます.

web clipperChromeならExtentionをインストール出来るので,スマホに限らずPCでもTrelloにカードを作れます.例えば後で読む論文の積ん読も簡単です.ただし,VPN環境下にないことも考慮して,文献系はEvernoteでいつも保存しています.後で紹介するために,実験機器メーカーやベンチャーのサイトのブックマークとして使うことの方が多いですね.

f:id:keetane:20190914062759p:plain

 

こんな感じで,仕事のタスク管理に限らず,情報のオーガナイザーとしてTrelloが手放せなくなりました.SlackやTeamsとの連携も流行ってるみたいですが,情報集約ツールとして単独使用でも活用シーンが広がっていることに気がつきました.会社でもチーム内で使えたらいいのになぁ.

以上,研究の進捗はパッとしない或る化みす途が現場からお伝えしました.

電子ラボノートっぽいものをChemdrawで自作する

Zürichは暑さのピークを越えた気がします。みなさんいかがお過ごしですか?

こちらも多少湿度が高く感じますが、日本とはもはや比べられないくらいには気持ちいい夏です。

ところで、化学の(以外もそうかもしれませんが)界隈では、in silicoだったりinfomaticsだったりをdry experiment, 実際に手を動かして反応を仕込んだり後処理したり、精製したりをwet experiment と呼んだりします。

先日からようやくwetの実験を日常的に行なっているのですが、会社でELN (E-Lab Notebook)を使っていた反動で、大学の手書きノートは非常に面倒に感じます。構造式から計算まで全て手書きなんて、ほぼ10年ぶりです。なんなら計算の仕方もいちいち考えないと正直自信ありません…。

そんな時、同じ部屋のMatthiasがいいことを教えてくれました。なんとchemdrawでELNと同じ計算が出来るんです。というわけで、今回はELNもどきの紹介です。運用に関しては後ほど提案しますが、意見が分かれる部分だろうと思います。

さて、まずはじめにPC環境です。

私はラボ支給のMacBook Pro 2017(多分)とChemdraw18.0 を使っているので、基本的にこれに準拠します。windowsやChemdrawの旧ver. で使えなかったらごめんなさい🙇‍♂️。ちなみに私の院生時代はこの機能を知らなかったので、以前はなかったように思います。少なくとも周囲や日本語のネットでは目にしたことはありませんでした。

今回使用するスキームのサンプルは、フリーで閲覧できるOrg. Synth. 201996, 232を使用します。反応自体は参考になりそうなものをチョイスしてます。

さて、まずChemdrawを開いてください。オススメの(と言うほどでもないんですが)テンプレートはACS Document 1996です。

続いてPage Setup(⌘+shift+P)でページを横向きにします。さらにDocument settingsでRawsを2段に指定します。この2つのセッティングは個人的に見やすいだけなので、省略しても構いません。ぱっと見でこんな感じになります.

f:id:keetane:20190809060952p:plain

次に構造式を書きます。この際、試薬や溶媒は矢印左側に、目的物や生成物、中間体なんかは矢印右側に書きます。今回の文献はneatって書いてますが,練習として溶媒にTHFを使っているものとします.

f:id:keetane:20190809061422p:plain

そして全選択(⌘+A)した後に、画面上部のStructureからAnalyze stoichiometricを選択すると、あら素敵なテーブルが出来上がります。

f:id:keetane:20190809061545p:plain

f:id:keetane:20190809061800p:plain

選択した部分についてのTableが出来上がるので,中間体などの情報を一緒にTableにすることも出来ます.ここにそれぞれ試薬等量や試薬量、濃度や密度を適当に入力すると、必要量を勝手に計算してくれます。下記斜字体が入力した部分です.生成物に関しても、収量を入力することで収率計算してくれます。素晴らしいぃ…。基本的に1反応につき1ファイルで作成しておくといいと思います。後からスケールアップする時はファイルを複製して試薬量を直すだけです。次の反応に進むときも、複製したファイルからコピペで始めれば原料を書き間違える心配もありません。

f:id:keetane:20190809063431p:plain

ついでに実験のフローチャートなんかも書けたりはしますが、実験の証拠を残すと言う意味で、大学などでは手書きの方がいいのではないかと思います。ELNの長所として、実験項などの記載変更ログが残せるので実験事実として扱えます。試薬を投入した時間やクエンチの時間も電子記録として残せるわけです。しかし今回作成しているcdxファイルには、そんな素敵な機能がありません。なので、実際私もファイルを作成した後にプリントアウトして、スキームとテーブルだけを切り出して実験ノートに貼り、実験項は手書きしています。

f:id:keetane:20190809063333p:plain

仮にchemdraw上で実験項まで作成して、プリントアウト後に日時と署名だけ手書きした場合って実験記録として有効なんですかね?chemdraw上に実験項を残すメリットとして、後から実験ノートとして他のメンバーとの共有が簡単になります。最近は学内に大型のサーバーを持っていたり、boxやDropboxを使うラボもあるかと思うので、有用性が高められます。字が汚くて読めないなんてこともなくなるでしょう。PDF化しておけばPreviewだけで簡単に閲覧も出来ます。また、実験データも同じ場所に格納しておけば、後々便利なのは言うまでもありません。

 

如何でしょうか。ETHは研究資金的に日本よりも恵まれていると思いますが、それでもやはりノートの電子化までは予算が回っていません。しかし、企業と同様に人の入れ替わりはあるので、過去の実験記録を遡るニーズは確かに存在しています。私のような半ロートルにとっては、余計なエラーを減らして効率化を図るのにもELNは効果的だと思います。

ELNを未導入の方は、運用方法をよく相談しながら使ってみてください。