TeachOpenCADDを改造するの巻

Grüezi,

先日ナイメストさんの記事でPDBのNodeが復活していることを知りました。

と言っても完全復活ではなく、RSCB PDBの現行APIに合わせて動くようにしましたって感じでしょうか。開発のVernalisさんも困惑を隠せない雰囲気ですし。

forum.knime.com

そんなわけで、TeachOpenCADDのW8の流れでPDBを取得~って言うのはわかるんですが、実際に使う身としてはresolution top 4しか見ないってことはあまりない気がしました。 最近の私の好みで言うとポケットごとにどんなリガンドが報告されているか知りたいんですが、KNIMEでどう処理するかは気が向いたら勉強します。とりあえずは過去にやっていたように、どんなリガンドが報告されているか、それを分類したらどうなるか、辺りが気になりますが、このWorkFlowだとKNIME上ではリガンドの構造が出てきません。

keetaneblog.hatenablog.com

なくても全然支障はないけど
めんどうだからってつけない人もいるよ
どうする?
構造あったら見るよね?
でもcustom report作ってくれるNodeがAPI使用変更でなくなったんだよね...
それ、APIで取れます。
っていうのが今日のアルトコロニーの定理です (出典はググってね
というわけで本日は勝手に「STEP 5:リガンドとAbstractを取ってくる」です。 STEP 3に入るとtop 4に絞られちゃうので、STEP 2のSorterから引っこ抜いてきます。
構造を足した後に全部ダウンロードするか、別の要件でfilterするかは好みで判断してください。 2022.8の時点で178構造がHitしているので、構造ごとにClusteringしたりしないと見る気が失せる気がします。

Overview

こんな感じです。 すでにPDB IDとLigand IDが取得してあるので、そのまま流用する形でWorkFlowを作ります。作成者さんありがとう。
Column Expression (String Manipulationsでもいいけど)でURLを作成して、GET RequestでJSON取得、Tableに分解してSMILESのStringsをMolecule Type Castでchemical structureに変換します。
今回初めて作ったのですが、複数(4カラム)含まれているSMILESのどれを採用すればいいのかわからなかったので、Column List Loopで手当たり次第に化学構造に変換して目視確認しました。一旦通れば必要なカラムだけ変換でいいと思います。

Column Expression ~Ligand information~

まず始めにですが、TeachOpenCADDではGraphiQLを使ってAPI Queryを作成してますが、私はさっぱり記述法が理解できませんでした(爆
Web Services Overview

https://data.rcsb.org/graphql/index.html

というわけで、REST APIで許してください。こちらを参考にLigandやPDBのIDを使ってURLを作成しています。

data.rcsb.org

結果はこんな感じですね。

GET Request > JSON to Table

生成したURLにGET RequestするとJSONが返ってきます。 JSONだけ見てもここでは意味不明なので、JSON to Tableを使って各要素をtableに分解してやります。設定はデフォルトです。
下のようなtableになって返ってきますが、descriptorの部分が構造式情報のようです。ただし、SMILESとInChI Keyが混ぜこぜです。よくわからないのでSMILESが入ってるdescriptordescriptor (#1)descriptor (#3)descriptor (#5)だけをあとでfilterして残します。

構造情報は取れたので、ついでにPubmedのabstractとキーワード、doiあたりもAPIで取ります。URLは前項で生成済みなので、同じくGET RequestとJSON to Tableで情報を取得します。

JSON to Table するとこんな感じ。 感の良い方はGET Request x2してからまとめてJSON出来ないの?って思うかもしれません。結論から言うと上手く出来ませんでした。設定の問題なのかもなので、分かる方は教えてください。

Column Filter

情報量が多いので使うカラムだけ残します。

Column Splitter

descriptorのカラム4つ分はMolecular Type CastStringsからSMILESに変換したいです。何個もNodeを置いてもいいですが、同じ処理を複数カラムにかける場合はLoopを使えます。
Column SplitterでLoopの対象カラムをSplitしておきましょう。

Column List Loop Start

split済みなので設定不要な気がしますが、こいつらにNodeで同じ処理します。

Molecular Type Cast

StringsをSMILESにするNodeなわけなんですが、Variablesのcolumn nameをcurrentColumnNameにしておきます。これによってカラムが変数になります(多分

Loop End (Column Append)

設定不要です。Loopが終了します。 結果はこんな感じです。
カラム名を右クリックしてrendererを2D depictionに変更します。
rowが小さくてめっちゃ見づらい場合はviewのRow Heightを300くらいにしてやります。

Joiner

諸々全部くっつけておしまいです。
ざっと見た感じでほとんどがkinase pocketのbinderですね。clustringして実際の結晶構造の結合様式とかと比べてみたら面白いかもしれません。気が向いたらやってみようかな。

おしまい。

探してみた ~PyMOLで相同性の高いmotifの探し方~

先日JAK familyの相同性、というか配列の相違点?、を興味本位でPyMOLを使って紹介したところ、

KNIMEでは勝手に師事しているすさんにPyMOLでもご指導頂けました。

地味に嬉しかったので、私が使ってるPyMOLのfindseqというscriptも紹介します。

Findseq - PyMOLWiki

すさんの紹介してくれたcolor_by_mutationと違ってダウンロードできる形のスクリプトが画面右側に用意されているので、findseq.pyのかたちでダウンロードすればOKです。
PyMOL上でのactivateの仕方はすさんの方法に準じるので割愛します。

今回の題材は同じくJAKiのdelgocitinib@JTというアトピーの塗り薬です。

https://pubs.acs.org/doi/full/10.1021/acs.jmedchem.0c00450

PDB id7C3Nです。前回のpfizerのJAKiの6bbuと併せてfetchで読み込んでおきましょう。全然重なってないのでalignもかけます。

fetch 6bbu 7c3n
align 6bbu, 7c3n, object=aln
color_by_mutation 6bbu, 7c3n
hide lines
hide sticks
select ar7, byres organic around 7

水分子は鬱陶しいので隠してあります。 選択性に関係してそうなのはp-loopのあたりでしょうか。 余計なリボンを消してよーく見てみると、delgocitinibのシアノ基はかろうじて変異近傍の主鎖を捉えてます。反対にpfizerのcompound 25は少し浮いているp-loopに対してEt基で空間を埋める程度のお仕事でしょうか。両社ともお見事。

ところで私のようなkinaseのど素人は、俗に言うDFG motifとかがどの辺でどんな仕事してるか 全くわかりません(勉強不足ですみません)。 そんな時に使えるのが今日紹介するfindseqです。

findseq DFG, enabled, DFG
enable aln

対象objectが一つであればDFGのmotifだけがselectされるはずなんですが、複数のobjectで一度に処理すると違うmotifも認識されちゃってますね。。。
alnobjectでsequence alignmentがかかっているので、赤枠のように同じ位置のDFGがいわゆるDFG motifだと思われます。

show sticks, DFG

赤枠のsticksのあたりがDFG motifですが、先ほどの選択性に関わっていたp-loopと比べて位置情報レベルでも相同性が恐ろしく高いですね。 こんな感じで、resnでは出来ない配列検索ができます。良い子のみんなはこれがなんで便利なのかわかるよね?
以上、知らないおじさん同士の知的なSNSでのやり取りの仕方を探してみました。おしまい。

PyMOLで相同性を確認してみた

ほんまかいな、ということで今回はPyMOLがインストールしてあれば誰でも出来る簡単な相同性の確認方法です。
お題の報告はこちらです。

https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.jmedchem.7b01598

PDBという単語で検索をかけると最後の方に論文で登録されたPDB IDの6BBU6BBVが見つかると思います。
PyMOLを開いたらfetchloadしましょう。

fetch 6bbu 6bbv

fetch 6bbu 6bbv

全然重なってないのでalignします。

align 6bbu, 6bbv

6bbu6bbvの場所に持っていってalignするよってコマンドです。 いい感じに重ね合わさってればOKです。
次にリガンド周辺だけ抜き取ります。

create u, byres organic expand 10 and 6bbu
create v, byres organic expand 10 and 6bbv
disable 6bbu or 6bbv

そして改めてalignmentのobjectを作ります。

align u, v, object=aln
set seq_view, 1

もしくは画面右下のSをクリック このsequenceは構造をもとにalignmentされています。つまり重なっている残基同士が並んでいる状態です。
alnobjectをinactiveにしてやることで解除することもできます。
このsequenceを見ながら一致してない残基を見つけてやればいいわけです。
(私のcoding能力では自動抽出がまだできませんごめんなさい)

show sticks, sele
zoom byres orgnic around 3

リガンド周辺に選択性が出せそうなアミノ酸残基との相互作用が見当たりません...。変態ですか。誰ですかJAKはまだ頑張れるなんて呟いた人は。
久々に頑張ったので夏休みに入りたい気持ちでいっぱいです。皆さんも体調にお気をつけて。
~終わり~

-追記-
ちなみにこのalnobjectFASTAやCLUSTALで保存もできるので普通の配列解析もできるはずです(私ができないだけで)

#CLUSTAL形式
save aln.aln, aln
#FASTAA形式
save aln.fasta, aln

CLUSTAL形式はterminalからcatコマンドで確認してやってもいいと思います。

cat aln.aln

~さらに追記~ すさんからご助言いただきまして、windowsは下記のscriptを実装できました。

Macで動かないのはなんでなん?dependency errorとか? この辺の便利ツールは.pymolrcに書くとカオスなので、xxx.pyでscriptにしてimport xxxくらいが散らからないかなと思いました。もっとシンプルに自動化する方法もあるけど、使用頻度が低すぎて忘却必須ですね。

-報告- 拙い記事をすさんにフォローアップいただきました。

.pymolrc

PyMOLの自作.pymolrcファイル
#2022.6.29
リガンド周りのラベリングをスッキリさせました。
#2022.8.10
AlphaFold2のplDDTスコアのカラーリングをラボォさんのtweetを参考にalias化しました。 tagをシンプルな設計に変えました。 FASTAをprintするalias作りました。 maestroっぽいセレクタのalias作りました。 そのほか細々変えました。

#set cartoon_transparency, 0.1
#set transparency, 0.4
set surface_color, white
set sphere_scale, 0.4
set label_position, (3,1,1)
set label_size, 25
# set ray_trace_mode, 1
set ray_shadow, off
bg_color silver

one_letter ={'VAL':'V', 'ILE':'I', 'LEU':'L', 'GLU':'E', 'GLN':'Q', \
'ASP':'D', 'ASN':'N', 'HIS':'H', 'TRP':'W', 'PHE':'F', 'TYR':'Y',    \
'ARG':'R', 'LYS':'K', 'SER':'S', 'THR':'T', 'MET':'M', 'ALA':'A',    \
'GLY':'G', 'PRO':'P', 'CYS':'C'}

alias al, alignto; zoom
alias sp, split_chains enabled; alignto; zoom
alias cc, util.color_chains("(enabled and name CA)",_self=cmd)

alias pl, preset.ligand_cartoon("enabled",_self=cmd);show spheres, solvent
alias see, zoom byres organic around 8 and chain A
alias del, as nb_spheres, solvent
alias sol, as nb_spheres, solvent; hide nb_spheres
alias line, show lines, byres organic around 4 and enabled
alias hb, select ligand, organic and enabled; cmd.dist("contact","(ligand)","(byobj (ligand)) and (not (ligand))",quiet=1,mode=2,label=0,reset=1); cmd.enable("contact")


alias well, show surface, byres organic expand 5 and enabled
alias 9, create 9, byres organic expand 9 and enabled; disable !9; see
alias 5, create a5, byres organic expand 5 and enabled; disable !5; see
alias x, select sele, byres sele expand 4 and enabled

alias tag, label n. CA and sele, "%s%s" % (one_letter[resn], resi)
alias untag, hide label, sele

alias k, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn lys
alias c, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn cys
alias s, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn ser
alias h, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn his
alias t, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn thr
alias r, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn arg
alias d, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn asp
alias e, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn glu
alias n, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn asn
alias q, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn gln
alias y, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn tyr
alias f, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn phe
alias w, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn trp
alias g, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn gly
alias a, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn ala
alias m, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn met
alias p, hide sticks, polymer.protein; show sticks, resn pro
alias fasta, print(cmd.get_fastastr('enabled'))
alias plddt, spectrum b, rainbow_rev, maximum=100, minimum=25

外部デバイスから取り込んだファイルのアクセス権を一括で変更するコマンド

フィルムカメラで撮った写真を現像した時にデータファイルのCD-Rをもらう、みたいなやや時代遅れなことをいまだにやってます。
そんな時、データをMacにただコピペしただけではアクセス権がRead Onlyになっている時があります。 f:id:keetane:20211018041706p:plain
このままだとiPadに転送したり他のデバイスにコピーしたりができないんで、ファイルごとにRead&Writeに変更する必要があります。手作業でやったら大変です...
そんな時はTerminalからcdでWorkin directoryに移動してこのコマンドを使います。

cd ~/Picture
chmod -R 755 <directory name>

file nameをまとめて処理したい場合は、directoryをもう一つ下げてwild cardを使います。オプションの-Rも外します。
wild cardだと特定の拡張子だけを指定することも出来たりしますね。

cd ~/Picture/directory
chmod 755 *.JPG

755の意味は覚えれないのでこちらを参照ということで。

do-zan.com

Gitで変更点を見るdiffとかstatusのいろいろ

diffとかstatusとかいつも忘れるのでメモ

git status

変更点やstaging area, commitとの変更点を要約表示

git diff --stat

git diffだと変更点全てが表示されて把握しづらい。 まずはどれくらい変更したかをgit diff --statで確認。

git diff --name-only

どのファイルが変更されたかだけなら--name-onlyでいい。

git diff --staged (--cached)

staging areaとHEADの差分を確認

git diff branchA..branchB

ブランチ同士の変更点を見る。
--statや--name-onlyも一緒に使える。

git diff HEAD^

前回のコミットと今回のコミットの差分を見る。

git diff remote name/branch name..HEAD

新しくdummyというfileをローカルに追加したとすると

git diff origin..HEAD --stat
# dummy |  1 +

のように結果が返ってくる。 originからHEADでは変更が加えられましたよ、反対に

git diff HEAD...origin --stat
# dummy |  1 -

HEADから見てoriginはファイルが1つ少ないよということ。

コード同士を比較しないと何も思い出せませんな。

ブランチを切り替え忘れて作業始めた時のgitコマンド

よくあるやつです。そんな時はgit add .する前に

git stash

staging areに持っていく前の内容を待避させます。

git checkout -b

ブランチを切り替えます。

git stash pop

退避していた内容を切り替えたブランチで復帰させます。

git add . と git commit -m 'comment'

あとは大体いつも通り。
mainブランチを保護できたので作業を継続します。